←味噌へ ←戻る


長姉・時代(ときよ)の家は新宿の矢来町にあった。
ちょうど今の新潮社のある辺りである。
姉は折に触れて、荻窪に住む「渡辺の大将」のことを口にした。
彼は二人の叔父にあたる、いわば親族の誇りともいうべき人物だったが、
後に教育総監となり、二・二六事件で暗殺されることになる。

▼千枝の叔父・渡辺錠太郎

年代不明